家族計画

周囲から強く勧められて、めずらしく受動的にプレーしてみました。
しかし評判どおりの傑作ですね。
シナリオ重視派にとってはかなり楽しめる一作です。
如月お奨めの一本に認定です。

!!注意!!
相変わらず今回もネタバレ続出です。下に行けば行くほどバレてますんでご注意あれ。

攻略チャート
全キャラクター共通ルート

我慢する
慰めてもらう/自己処理に走る【それぞれCGあり】
やめる
追う
妄想しない
試す
助ける
軽くごまかしてみる
大事にしたかった
挨拶してみる
面倒見るしかない
自分を信じろ
便所
いや
俺はあんたの・・・・・・
今はない
賛成
枕をしいてやる
封印しておく
※※オープニング※※
25〜34
願いを聞く
探す
い、いや
そうだ
真純お嬢さん
凄い勢いで干渉する
YES
先に戻る
わかった
尻フィンガー
入る
指輪
紳士でいる
謝る
手当する
・・・・・・すまん
助け船を出す
勧める
行く
聞いてみる
言い訳する
慰める
抱いて
つきあう
歩調をゆるめる
またあとで
慰めてもらう
謝罪
何かかぶらせる
じっとしている
やる
誰かにあげる
様子を見にいく
送る
本当だ
攻略チャートトップへ
後半編
ここではそれぞれの個別ルート確定に必要な選択肢に名前を振っていきます。
なお、一つしかかかれていない選択肢は全員共通の選択肢。
「3人」と書かれているのは準・春花・末莉共通選択肢です。
尊厳を大事にする【真純・3人】/切り札を使う【青葉】
フォローしとく
青葉を気にする【真純・青葉】/末莉を気にする【3人】
声をかける
ふざける
自分で行く【真純】/寛に頼む【青葉・3人】
挨拶する
体罰
準にも振る
YES
屋根に移動
積極的だ
詮索
※※準・春花・末莉はここまで共通ルート※※
肯定【真純・青葉・準・末莉】/否定【春花】
青葉に話を聞く【真純・青葉】/追う【3人】
伝授【真純・青葉・末莉】/しない【準・春花】
残高を見る
かがない
手伝う【真純・青葉】/見守る【3人】
ゆっくりしてる【真純・青葉】/迎えに行く【3人】
烏が・・・・・・【真純・青葉・準・末莉】/そのまま【春花】
あとで払う【真純・青葉・準・末莉】/すぐ払う【春花】
青葉が心配【真純・青葉・準・春花】/末莉に声をかける【末莉】
探す【真純・末莉】/帰る【青葉・準・春花】
頼む【真純・春花・末莉(末莉ルート確定。以降選択肢無し)】/遠慮する【青葉・準】
伝える
末莉の意向【真純・準】/春花の意向【青葉・春花】
マジに 【真純・青葉・準ルート確定(以降選択肢無し)】
惚れたため【春花ルート確定時のみ出現(以降選択肢無し)】
後半編トップへ攻略チャートトップへゲーム批評のメニューに戻る

キャラクター別解説&主観的講評

!!注意!!
かなりネタバレしてます。ちなみに順番は如月の攻略順です。
「母」高屋敷真純
シナリオによって役どころの変わる人です。真純ルートだととにかく守ってあげたいって感じのキャラクターで、最終的にはゴールインするわけですが、他のルートでは高屋敷家の母として立派にお母さんしてます。逆に一家を守ってくれるキャラクターですね。こんな優しい母が私も欲しいですよ・・・・・・高屋敷家が羨ましい限りだ。ルートによっては寛とくっついてしまうあたりも御愛嬌といったところでしょうか。不幸人ぞろいの中ではなかなかの幸せものでもあります。
「長女」高屋敷青葉
どのルートに入っても素直になれなくて一番被害を被ってしまう家主です。なんだか一番痛い役回りさせられてしまってます。それだけに青葉エンドって結構しんみりしてしまいます。人を呪う似顔絵とか、烏に首輪をつけてしまうとか、しばしば発せられる辛辣な台詞とか、攻撃的なキャラとしての役回りが多くて、過去と嘘に縋っている寂しがり屋という本来の役が霞んでしまってる様な気もします。
如月的にはラストの着物姿がお気に入りです。
「次女」高屋敷純
如月的には一番手に来るキャラクターです。最近歯がゆい展開のキャラがお気に入りのせいもありますけど。過去に沢山の引け目がある故に、いろんな理由が折り重なって家族に加わることを躊躇ってしまう状態。準も素直になれずに損をする役回りです。但し、一番に消えてしまうのも準なんですけどね。しかも、準ルートでも本人がラストまで出てこないのでかなり不安になります。
「3女」高屋敷春花
劇中の中心人物にして、“家族とは?”って言うこのゲームの主題を一番抱えているキャラクターです。春花ルートは結構考えさせられました。ああいう境遇になったことなんて当然ないので、本当の母親に会うべきか会わないべきかなんて、見当もつきませんけど。ただこのゲーム全体の流れとして、過去との離別って言うのは重要な要素のようなので、それに従って本来の母と別れ、ひとり立ちしていこうって言う展開になったんだと思います。如月的にはラスト引っぱるだけ引っぱって、あれでお終いって言うのは残念だったんですけどね。
「4女」高屋敷末莉
如月的には萌えキャラ担当です。末莉ルートはこそばゆいと同時にかなり萌えます。そりゃ気絶されたら負けですよ。こんな妹が欲しい・・・・・・
訳の解らん戯言は放っておいて、末莉ルートだと主人公が他のルートよりかなりの苦労人になってしまうんですよね。なにせ半年の間に2度も入院するわラストではとんでもない状態になってるわで。一番幸せそうな展開を見せてただけにあのオチはびっくりです。
解説トップへ
このページのトップへゲーム批評のメニューに戻る

広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット